Policy Insight No.4

欧州における水素戦略とその展望 Hydrogen Strategies in Europe ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,カーボンニュートラルの文脈で近年注目を集める水素に関して取り上げます.水素は,汎用性が高く多用途に使えるエネルギー・キャリヤーとして考えられ,EUの長期成長戦略である欧州グリーンディールにて優先課題に挙げられています.そこで本稿は,近年欧州連合(EU)及びEU加盟主要国にて加速化する水素導入の動きを考察します. 1)汎用性の高いエネルギーとして注目を集める水素は,その製造方法によりグレー水素,ブルー水素,グリーン水素に分別される. 2)運輸部門や鉄鋼及びセメント等CO2削減が難しいHard-to-abate sectorsの低炭素化に向けたソリューションの一つとして着目されている. 3)水素はいまだコストが高く,価格の下落する再エネ由来の電力を使用した水分解による水素生成やHard-to-abate sectorsでの水素需要創出,水素供給インフラ整備などが大きな課題. Summary This article looks into the role of hydrogen in the context of decarbonisation and clean energy transitions. Hydrogen is a versatile energy career that can provide solutions to multiple carbon intensive sectors, and therefore it will play a central role inContinue reading “Policy Insight No.4”