Policy Insight No.2

炭素国境調整メカニズムとその展望 Carbon Border Adjustment Mechanism (CBAM) ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,現在欧州にて議論の進む炭素国境調整メカニズム(CBAM)を取り上げます.加速化する欧州気候・エネルギー政策において域内産業界の国際競争力を担保するとともに,従来から懸念されていたカーボン・リーケージに対する有効な対応策として欧州の政府関係者が注目されている一方,EU域外の主要国から懸念の声も上がっています.本稿は,CBAMを巡る欧州の政策的な動き及びその影響について考察しています. 1)現在欧州委員会は,カーボン・リーケージ及び域内産業の国際競争力担保への施策として炭素国境調整メカニズムを検討している. 2)制度設計にあたっての政策オプションとして,①炭素輸入税アプローチ,②消費ベース炭素税アプローチ,③EU-ETSの輸入製品への適用の3つが検討されている. 3)欧州CBAM導入の動きは各国の政府関係者が着目しており,日系企業は,欧州での政策議論・動向を注視していく必要あり. Summary This article focuses on the carbon border adjustment mechanism (CBAM) that is currently discussed in Europe. The CBAM is being considered as one of the most effective measures to address the issue of carbon-leakage and maintain the international competitiveness of European industriesContinue reading “Policy Insight No.2”