Policy Insight No.5

EUタクソノミーと直近の政策的動き EU Taxonomy and Recent Policy Developments ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,近年気運が高まりつつあるサステイナブル・ファイナンスについて,特にEUタクソノミー法規を巡る一連の政策的動きに関して深堀します.欧州グリーンディールにて脱炭素化へ向けた様々な施策が提案されましたが,それを実行に移すためには多大な資金が必要となることから,各国政府の公的投資や年金ファンド等民間投資がより低炭素なクリーン・テクノロジーに流れるよう,欧州はここ近年投資環境の改善に取り組んでいます.そこで本稿は,欧州が近年導入したEUタクソノミー法規を中心にこれらの政策的動きについて概観します. 1)欧州グリーンディールは,脱炭素化を達成する上で,欧州全体のGDPの1.8%にあたる毎年2600憶ユーロもの追加投資が必要と明記. 2)EUタクソノミーは,投資先となる経済活動がサステイナブルか否かをカテゴライズする仕組み. 3)EUタクソノミーは,サステイナブル投資とみなされるための4つの要件を提示しているが詳細は今後公表される細則で決定される. Summary This article explains ongoing discussions on sustainable finance and taxonomy in Europe, which is gaining rising political attention in the context of decarbonisation and clean energy transition. European Green Deal has put forward a series of policy measures for the transition,Continue reading “Policy Insight No.5”

Policy Insight No.4

欧州における水素戦略とその展望 Hydrogen Strategies in Europe ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,カーボンニュートラルの文脈で近年注目を集める水素に関して取り上げます.水素は,汎用性が高く多用途に使えるエネルギー・キャリヤーとして考えられ,EUの長期成長戦略である欧州グリーンディールにて優先課題に挙げられています.そこで本稿は,近年欧州連合(EU)及びEU加盟主要国にて加速化する水素導入の動きを考察します. 1)汎用性の高いエネルギーとして注目を集める水素は,その製造方法によりグレー水素,ブルー水素,グリーン水素に分別される. 2)運輸部門や鉄鋼及びセメント等CO2削減が難しいHard-to-abate sectorsの低炭素化に向けたソリューションの一つとして着目されている. 3)水素はいまだコストが高く,価格の下落する再エネ由来の電力を使用した水分解による水素生成やHard-to-abate sectorsでの水素需要創出,水素供給インフラ整備などが大きな課題. Summary This article looks into the role of hydrogen in the context of decarbonisation and clean energy transitions. Hydrogen is a versatile energy career that can provide solutions to multiple carbon intensive sectors, and therefore it will play a central role inContinue reading “Policy Insight No.4”

Policy Insight No.3

EU域内排出量取引制度の現状と展望 EU Emissions Trading System (EU-ETS) and Higher Ambitions ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,欧州気候変動政策において中心的な役割を担ってきた欧州域内排出量取引制度を取り上げます.欧州全体で加速化する気候変動対策の流れを踏まえ,現在欧州委員会はEU-ETSの改定法案を起案中です.そこで本稿は,EU-ETSの歴史的変遷を振り返るとともに,現在の政策的な動きについて考察します. 1)パイロット・プロジェクト的に2005年に立ち上げられた本制度は,度重なる改定を経て現在フェーズ4に突入している. 2)フェーズを重ねるごとに制度が大幅に改善されてきており,欧州におけるGHG排出削減に大きく貢献,2005年から2019年にかけて対象セクターの約35%のGHG排出削減をもたらしている. 3)2030年迄に2005年比で40%減という現行目標から更に高い目標設定を睨むとともに,これまでEU-ETSの対象とならずに温室効果ガスの排出が著しい海運部門や道路交通部門,建物部門への規制拡大等も併せて検討されており,また,別途議論の進む炭素国境調整メカニズムともリンクしており,規制動向を注視していく必要がある. Summary This short article discusses the EU’s Emissions Trading System (EU-ETS) that has been playing a key role in reducing the GHG emissions from energy intensive sectors in Europe. The European Commission is currently revising the system in the contextContinue reading “Policy Insight No.3”

Policy Insight No.2

炭素国境調整メカニズムとその展望 Carbon Border Adjustment Mechanism (CBAM) ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,現在欧州にて議論の進む炭素国境調整メカニズム(CBAM)を取り上げます.加速化する欧州気候・エネルギー政策において域内産業界の国際競争力を担保するとともに,従来から懸念されていたカーボン・リーケージに対する有効な対応策として欧州の政府関係者が注目されている一方,EU域外の主要国から懸念の声も上がっています.本稿は,CBAMを巡る欧州の政策的な動き及びその影響について考察しています. 1)現在欧州委員会は,カーボン・リーケージ及び域内産業の国際競争力担保への施策として炭素国境調整メカニズムを検討している. 2)制度設計にあたっての政策オプションとして,①炭素輸入税アプローチ,②消費ベース炭素税アプローチ,③EU-ETSの輸入製品への適用の3つが検討されている. 3)欧州CBAM導入の動きは各国の政府関係者が着目しており,日系企業は,欧州での政策議論・動向を注視していく必要あり. Summary This article focuses on the carbon border adjustment mechanism (CBAM) that is currently discussed in Europe. The CBAM is being considered as one of the most effective measures to address the issue of carbon-leakage and maintain the international competitiveness of European industriesContinue reading “Policy Insight No.2”

Policy Insight No.1

欧州グリーンディールと加速化する 気候・エネルギー政策 European Green Deal and EU’s Climate and Energy Policies ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,2050年カーボン・ニュートラル実現に向けた欧州連合(EU)の成長戦略である「欧州グリーンディール」(European Green Deal)を取り上げ,フォン・デア・ライエン欧州委員長就任以降欧州全体で加速化している脱炭素化の政策的な動き及びその影響について考察しています. 1)「欧州グリーンディール」は,脱炭素化と経済成長の両立を図る欧州の長期的成長戦略かつ政策ロードマップである. 2)現在欧州委員会は,建物や産業,運輸といった各部門の重要政策の見直しを実施している. 3)日系企業は,欧州気候・エネルギー政策動向へ能動的に関与していくことが重要 Summary This article focuses on the European Green Deal that was launched in December 2019 and sets a long-term and ambitious growth strategy in the context of achieving carbon neutrality by 2050. The EU’s policy actionsContinue reading “Policy Insight No.1”