Policy Insight No.5

EUタクソノミーと直近の政策的動き EU Taxonomy and Recent Policy Developments ディレクター大木孝拓 ポイント 本稿では,近年気運が高まりつつあるサステイナブル・ファイナンスについて,特にEUタクソノミー法規を巡る一連の政策的動きに関して深堀します.欧州グリーンディールにて脱炭素化へ向けた様々な施策が提案されましたが,それを実行に移すためには多大な資金が必要となることから,各国政府の公的投資や年金ファンド等民間投資がより低炭素なクリーン・テクノロジーに流れるよう,欧州はここ近年投資環境の改善に取り組んでいます.そこで本稿は,欧州が近年導入したEUタクソノミー法規を中心にこれらの政策的動きについて概観します. 1)欧州グリーンディールは,脱炭素化を達成する上で,欧州全体のGDPの1.8%にあたる毎年2600憶ユーロもの追加投資が必要と明記. 2)EUタクソノミーは,投資先となる経済活動がサステイナブルか否かをカテゴライズする仕組み. 3)EUタクソノミーは,サステイナブル投資とみなされるための4つの要件を提示しているが詳細は今後公表される細則で決定される. Summary This article explains ongoing discussions on sustainable finance and taxonomy in Europe, which is gaining rising political attention in the context of decarbonisation and clean energy transition. European Green Deal has put forward a series of policy measures for the transition,Continue reading “Policy Insight No.5”